我が家に預かりのワンコ達が本当のお家を見つけるまで


by hanagurihuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あかりの赤い糸は・・・・・

いつもながら、長い間更新せずに申し訳ありません。

改めまして、みなさまに報告があります。

あかりは、2月より、我が家の子になりました。

8月14日に千葉のセンターから引き出し、我が家で預かりをしてきました。
被毛、皮膚共にボロボロで、長い間ほとんど身動きもできない状態で繋がれていたらしく、動きもぎくしゃくと、まるで操り人形のようでした。
病院の先生と相談しながら、体調が良くなるのを待って、
9月に腕の脂肪腫の切除、
11月にはなんとか不妊手術も済ませることができました。
動きもずいぶんと良くなり、犬らしい仕草も見せてくれるようになって
これで被毛、皮膚さえ良くなれば、本当のお家探しも本格的にできると喜んでいましたが・・・

f0152315_2122986.jpg


1月に入っても、まばらにしか毛が伸びず、皮膚の改善もままならず・・・・

特徴的な様子から、内分泌系の病気を疑い、精密検査をして頂きました。
その結果、脳下垂体の腫瘍からくる副腎機能亢進症(クッシング症候群)であることがわかりました。
今はまだ腫瘍も小さいので、副腎機能を抑えることで、それなりの生活を送ることができます。
しかし、いずれ腫瘍が大きくなったときには手の施しようがないそうです。
すでに内服薬による治療を始めましたが、今の薬で効かない場合は、
副腎を壊す強い薬を試すことになります。
でも命に関わるリスクもあるそうです。

どんなに素晴らしいご家族が迎えに来てくださっても、
あかりが新しい環境に慣れるには、かなりのストレスがかかるでしょう。

今はそれなりに自分の居場所もあり、慣れた我が家で、
このまま見守ってやりたいと思っています。

長い間過酷な環境を耐えてきたあかりに、今少しのあいだ、
平凡でも、安心でき、家族の一員、という日々を過ごさせてあげたいのです。
f0152315_2125792.jpg


あかり本人は、変わらずに、元気もありますので、ご安心ください。

正月明けより、苦しい毎日を過ごしてきましたが、あかりの病気も
今後の方向もはっきりしましたので、今はほっとしております。

この間、ブログをチェックし損ねてしまい、鍵コメントをくださったF様、K様には、、本当に大変失礼を致しました。

F様、メールを送らせて頂きたかったのですが、該当者なしのメッセージが出てしまい、送信出来ませんでした。もし良ろしければ、もう一度ご連絡ください。

今まで見守ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
あかりはこれからも頑張りますので、どうか彼女の毎日が穏やかなものでありますようお心にかけて頂けたら幸いです。
[PR]
by hanagurihuu | 2010-02-15 22:21