我が家に預かりのワンコ達が本当のお家を見つけるまで


by hanagurihuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 98 )

お久しぶりです。

本当にお久し振りです。

あかりは、いつものように、毎日を過ごしています。
残念なことに、病気は確実に進行しているようです。
水を飲む量もオシッコの量も、恐ろしいくらいに増え
食べているのに、だんだん痩せてきました。
でも、本人は、とても元気で、家の中では楽しそうに?歩き回っています。

先生が、薬を変えることを検討してくださっています。

あかりにとって、今、水は命。
歩夢仔母様が、あかりの病気を調べて、
天然水素水を沢山、ご支援くださいました。
体によい水を探していたところだったので、本当にありがとうございました。
私が飲んでもとってもおいしい水。
ご飯の後、いつも沢山飲みます。

   飲みたいだけ飲んで良いよ・・・・・ 好きなだけね・・・・・
f0152315_1533710.jpg


    後は、お決まりの場所で、うっとりとまどろんで・・・・
f0152315_1544065.jpg

f0152315_1551823.jpg
f0152315_1554456.jpg


       お天気良い日は、屋上でひなたぼっこも・・・・
f0152315_1562139.jpg


   こんな日がいつまでも続きますように。
[PR]
by hanagurihuu | 2010-05-04 02:13

今日は暖かくて~

今日は久し振りに暖かい日だったので、屋上で遊びました。

f0152315_16593099.jpg


f0152315_16595396.jpg


f0152315_1703886.jpg


明日は、ちばわんの定例いぬ親会が篠崎で開催されます。
沢山のお家を探しているわんこが参加しますので、
どうかお出かけください。
お待ちしています。

[PR]
by hanagurihuu | 2010-02-20 17:07
いつもながら、長い間更新せずに申し訳ありません。

改めまして、みなさまに報告があります。

あかりは、2月より、我が家の子になりました。

8月14日に千葉のセンターから引き出し、我が家で預かりをしてきました。
被毛、皮膚共にボロボロで、長い間ほとんど身動きもできない状態で繋がれていたらしく、動きもぎくしゃくと、まるで操り人形のようでした。
病院の先生と相談しながら、体調が良くなるのを待って、
9月に腕の脂肪腫の切除、
11月にはなんとか不妊手術も済ませることができました。
動きもずいぶんと良くなり、犬らしい仕草も見せてくれるようになって
これで被毛、皮膚さえ良くなれば、本当のお家探しも本格的にできると喜んでいましたが・・・

f0152315_2122986.jpg


1月に入っても、まばらにしか毛が伸びず、皮膚の改善もままならず・・・・

特徴的な様子から、内分泌系の病気を疑い、精密検査をして頂きました。
その結果、脳下垂体の腫瘍からくる副腎機能亢進症(クッシング症候群)であることがわかりました。
今はまだ腫瘍も小さいので、副腎機能を抑えることで、それなりの生活を送ることができます。
しかし、いずれ腫瘍が大きくなったときには手の施しようがないそうです。
すでに内服薬による治療を始めましたが、今の薬で効かない場合は、
副腎を壊す強い薬を試すことになります。
でも命に関わるリスクもあるそうです。

どんなに素晴らしいご家族が迎えに来てくださっても、
あかりが新しい環境に慣れるには、かなりのストレスがかかるでしょう。

今はそれなりに自分の居場所もあり、慣れた我が家で、
このまま見守ってやりたいと思っています。

長い間過酷な環境を耐えてきたあかりに、今少しのあいだ、
平凡でも、安心でき、家族の一員、という日々を過ごさせてあげたいのです。
f0152315_2125792.jpg


あかり本人は、変わらずに、元気もありますので、ご安心ください。

正月明けより、苦しい毎日を過ごしてきましたが、あかりの病気も
今後の方向もはっきりしましたので、今はほっとしております。

この間、ブログをチェックし損ねてしまい、鍵コメントをくださったF様、K様には、、本当に大変失礼を致しました。

F様、メールを送らせて頂きたかったのですが、該当者なしのメッセージが出てしまい、送信出来ませんでした。もし良ろしければ、もう一度ご連絡ください。

今まで見守ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
あかりはこれからも頑張りますので、どうか彼女の毎日が穏やかなものでありますようお心にかけて頂けたら幸いです。
[PR]
by hanagurihuu | 2010-02-15 22:21

お正月

今年もよろしくお願いします。

元旦恒例の、お正月のごあいさつ 

今年も我が家の犬を代表して、義姉宅での宴会に出かけました。
f0152315_229292.jpg

      
       お互い 微妙・・・・・・  

後ろは元保護犬、今は義姉一家の一人娘、ブルテリアのビビ
  2年前の暮れに、ブリーダー崩壊現場からようやく助け出され、
  ボロボロの姿で姉宅に引き取られた・・・  
  当時推定7才     もう少し遅かったら生きていなかった子
  それが今では、すっかりお嬢様に大変身!!    
   
f0152315_22103147.jpg

     生きてて良かったね、ビビも あかりも
[PR]
by hanagurihuu | 2010-01-05 22:35

あかりの定位置

 居間でのあかりの定位置は、テレビの前のお布団の上
                  えへっ
f0152315_20451857.jpg

         何となく、毛が増えてきたような・・・・・
f0152315_20454652.jpg

           寒い日は、ここが一番なの・・・・・
f0152315_20463064.jpg

    
最近は、室内では、洋服は着ていません。
なるべく、肌に刺激になるように・・・・・・
散歩の時は、重ね着で、防寒対策ばっちりです。

[PR]
by hanagurihuu | 2009-12-27 21:02

屋上で

  みんなと一緒に屋上で
f0152315_22114125.jpg
f0152315_22115370.jpg

f0152315_22134098.jpg

少しずつ、皮膚も良くなっています。
足の方は結構フサフサしてきました。
春までには、全身ゴウジャスなあかりに変身する予定です。(笑)

         風ちゃんと遊ぶ・・・・
f0152315_22121074.jpg

f0152315_22151560.jpg


f0152315_22153531.jpg

         はなちゃん、失礼しま~す。
f0152315_22155687.jpg


     お母さんの手、おいしいにおいがする・・・・
f0152315_2218076.jpg


今日もあかりは、一生懸命生きています。
[PR]
by hanagurihuu | 2009-12-05 22:27
またまた、ご無沙汰しました。申し訳ありません。

あかりのことを気にかけてくださっているみなさん、
本当にありがとうございます。

あかりは、16日に、不妊手術と、腹部の脂肪腫を切除する
手術を、無事済ませました。経過は良好だと思います。

寒くなってきて、ちょっと元気のない日もありますが
今日は、元気にお散歩へ行ってきました。

いつもこんな感じで、居間では、一番暖かい布団の上で
寝ています。

f0152315_22403433.jpg
f0152315_2241953.jpg
f0152315_22412538.jpg

洋服は、スパースタッフのIさんが、あかりのために作ってくださいました。
暖かくて、本当に助かっています。ありがとうございました。

寝ているばかりではありませんよ。
知らぬ間に、台所へ行って、フードの袋に顔を突っ込んでいたり、
結構お茶目なところもあります。

皮膚の方も、MIKAさまが教えてくださった炭酸湯のお風呂に入り、
少しずつ、しっかりしてきました。
毛も、足の方は結構ふさふさしてきましたが、からだは、特に背中がまだ黒くて硬い皮膚があったりで、もう少しかかりそうです。
保護当初に比べれば、本当にきれいになったと思いますが・・・・・・

ご飯もしっかり食べるし、トイレも1日3回、時間を見計らってお外で済ませていますので本当に手がかからない子です。

来週抜糸する予定。
そうしたら、又温泉に入り、昔の美貌を取り戻さなくてはね、あかりちゃん!!
[PR]
by hanagurihuu | 2009-11-21 23:09
VIDAの正式譲渡を待つかのように、次なる旅人がやってきました。

千葉の富里センターからちばわんさんが助け出してくれました。
あまりの臭気と汚れに、その場で鎧を脱いて貰うことにしました。
4人がかりで、2時間、ようやく地肌が見えてきましたが・・・・・

でも、生きています。 
一生懸命ごはんを食べます。
おやつも大好きです。
人間も、、、、まあ好きです。
なんにでも興味があります。
わんことも上手に挨拶できます。

            ここは、どこかな~?
f0152315_23111777.jpg

         なんか、からだが軽くなっちゃって・・・・・
f0152315_23113867.jpg

         でも、毛の中から、こんなものが出てきたの・・・・  
             どおりで重いはずねえ・・・・
f0152315_23122560.jpg

            お外って、気持ちいいのねえ。
f0152315_23124271.jpg

                おやつください!!
f0152315_2313166.jpg


丸刈りして出てきたのは、大人のこぶし大もある大きな腫瘍でした。
今週中に、腫瘍を切り離す手術をして頂くことになりました。
良性か悪性かは、検査をしてみなければわかりません。

皮膚も、鎧の下でふやけきり、ひどい皮膚炎をおこして
全身かさぶたのようになっていました。
でも毎日、確実に良くなっています。
一緒にセンターに持ち込まれたショコラちゃんは、これほどひどい状態ではないようですね。本当に良かったです。
一体どのくらいほおっておいたら、このような状態になるのでしょうか。
トイレは、オシッコ1日2回、うんpは3日に1回、できる限り少なく・・・・
寝床は絶対に汚さないので、彼女なりのぎりぎりの努力だったのか。
こんな状態でも、透き通った瞳で、じっと見つめてきます。
おやつくださいと、近寄ってきます。

沢山のハンディを抱えても、人間を恨むことなく、暴れることもなく
淡々と、静かに毎日を過ごしているあかりちゃんは、
確実に犬らしさを取り戻しています。
どうか本当の家族が見つかりますように。

あかりちゃんは、11才、沢山の病気がありますが、
乗り越えるしなやかさと力強さを持っています。
今週の手術が無事に終わりますように。
どうかみなさん、あかりちゃんを応援してください。

手術を終えて落ち着いたところで、いぬ親さまを募集したいと思います。
今しばらくお待ちください。
[PR]
by hanagurihuu | 2009-08-31 23:56
みなさま、又ご無沙汰してしまいました。
8月のある日、VIDAファミリーと代々木のドッグランで待ち合わせしました。
先住犬のブラバちゃんと仲良く遊ぶVIDA,もうすっかり家族の一員でした。
休日には、自然の中で、パパさんと一緒に走ったり、川遊びをしたり、
もうVIDAにぴったりの幸せな毎日を送っています。

f0152315_21403857.jpg


ただし、泳げないことが判明!! 
パパさんにレスキューされた情けな~いVIDAで~す。
f0152315_21411428.jpg


正式譲渡の意思確認をするためでしたが、ビックリするようなことがありました。
ドッグランで遊んでいると、ある男性が近づいてきました。
男性  :この子ドゴですよね。
カバさん:似ていますが、違いますよ。
男性、じっと見て、VIDAにさわって・・・・:いいえ、やっぱりドゴですよ。

居合わせた一同、ビックリ。
その男性は、ドゴのブリーダーさんで、実際に飼っている方だったのです。
ドゴは、ドゴアルヘンティーノという人間が作った特殊な犬種です。
南米で、ピューマなどを狩る犬として作られたので、雄は50キロくらいあり
とても迫力のある犬です。
センターから救出した当初、ドゴではないかと詳しい方に問い合わせたのですが、あまりにも痩せていたので、わからなかったのです。
いまのVIDAは確かに立派なドゴですね。
f0152315_21414483.jpg


f0152315_2142964.jpg


でも、VIDAにとって本当に大事なことは、
いつも見守ってくださるご家族がついに見つかったこと
自分がなんであるかは、本人にはどうでも良いことですね。
末永く、愛すべきVIDAとして、ご家族と共に生きていってね。

Mファミリー様、どうか、VIDAを、最後の瞬間までよろしくお願い致します。

長い旅でしたが、DOGOにとって本当のお家を見つけるためには必要だったようです。
全ては不思議な偶然の結果で、それを必然というのでしょうか。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。


さて、次なる旅人は・・・・・ 


お顔を見て頂きたかったのですが、PCがうまく動いてくれません。

お楽しみに    名前は、あかりです。

沢山のハンディを抱えた子ですが、捨てられてもなお一生懸命生きています。
どうか応援をよろしくお願い致します。
[PR]
by hanagurihuu | 2009-08-31 22:37

DOGOからVIDAへ

大変遅くなりましたが、みなさまに報告します。
DOGOのいぬ親様がついに決まりました。

あるご夫婦が、5月の、1週間遅れの雨のいぬ親会に、
会いに来てくださいました。
沢山の偶然が重なったのか、それとも必然だったのか・・・・・・
もし予定通り行われていたら、つながらなかったご縁でした。
先住犬でスタッフォードシャーブルテリアのブラバちゃんとのお見合いも
無事終わり、DOGOを家族の一員として迎えてくださる事になりました。
大人ばかりのご家族で、体は大きくてもまるで子犬のようなDOGOには
理想的なお家です。

f0152315_21254723.jpg


我が家を借宿としてもう9ヶ月、この間希望してくださる方も
いらっしゃいましたが、なかなかご縁にはつながらず、
いぬ親会での脳天気なDOGOを見て落ち込むこともありました。(笑)
でも全てはこの出会いのためだったのだと納得しました。

DOGOはVIDAとして新しく生きていきます。
VIDAとは、スペイン語で、命、生命、はつらつ、たいせつなもの
という意味があるそうです。
まさに新しい犬生を始めようとするDOGOにぴったりの名前です。
Mご夫妻様、ご家族様、VIDAが旅立つその日まで
どうかよろしくお願い致します。

f0152315_21263729.jpg

今まで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
お断りしたにもかかわらず、励ましてくださり、DOGOの幸せを
祈ってくださった希望者様、本当にありがとうございました。
DOGOを、期限を延ばして生かしてくださったセンターの職員様、
その決断によって、DOGOは今日の日を迎えることができました。
これからも少しでも多くの犬やネコたちが救われますように。


長かったDOGOの本当のお家探しもようやく終わりました。
でも、まだ家族のない犬やネコが一生懸命家族のお迎えを待っています。
みなさま、犬やネコを家族に迎えたいと思ったら、
ぜひ命ある彼らに目を向けて頂けませんか。
どうか、どうか、よろしくお願い致します。

[PR]
by hanagurihuu | 2009-06-21 21:51