我が家に預かりのワンコ達が本当のお家を見つけるまで


by hanagurihuu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

VIDAの正式譲渡を待つかのように、次なる旅人がやってきました。

千葉の富里センターからちばわんさんが助け出してくれました。
あまりの臭気と汚れに、その場で鎧を脱いて貰うことにしました。
4人がかりで、2時間、ようやく地肌が見えてきましたが・・・・・

でも、生きています。 
一生懸命ごはんを食べます。
おやつも大好きです。
人間も、、、、まあ好きです。
なんにでも興味があります。
わんことも上手に挨拶できます。

            ここは、どこかな~?
f0152315_23111777.jpg

         なんか、からだが軽くなっちゃって・・・・・
f0152315_23113867.jpg

         でも、毛の中から、こんなものが出てきたの・・・・  
             どおりで重いはずねえ・・・・
f0152315_23122560.jpg

            お外って、気持ちいいのねえ。
f0152315_23124271.jpg

                おやつください!!
f0152315_2313166.jpg


丸刈りして出てきたのは、大人のこぶし大もある大きな腫瘍でした。
今週中に、腫瘍を切り離す手術をして頂くことになりました。
良性か悪性かは、検査をしてみなければわかりません。

皮膚も、鎧の下でふやけきり、ひどい皮膚炎をおこして
全身かさぶたのようになっていました。
でも毎日、確実に良くなっています。
一緒にセンターに持ち込まれたショコラちゃんは、これほどひどい状態ではないようですね。本当に良かったです。
一体どのくらいほおっておいたら、このような状態になるのでしょうか。
トイレは、オシッコ1日2回、うんpは3日に1回、できる限り少なく・・・・
寝床は絶対に汚さないので、彼女なりのぎりぎりの努力だったのか。
こんな状態でも、透き通った瞳で、じっと見つめてきます。
おやつくださいと、近寄ってきます。

沢山のハンディを抱えても、人間を恨むことなく、暴れることもなく
淡々と、静かに毎日を過ごしているあかりちゃんは、
確実に犬らしさを取り戻しています。
どうか本当の家族が見つかりますように。

あかりちゃんは、11才、沢山の病気がありますが、
乗り越えるしなやかさと力強さを持っています。
今週の手術が無事に終わりますように。
どうかみなさん、あかりちゃんを応援してください。

手術を終えて落ち着いたところで、いぬ親さまを募集したいと思います。
今しばらくお待ちください。
[PR]
by hanagurihuu | 2009-08-31 23:56
みなさま、又ご無沙汰してしまいました。
8月のある日、VIDAファミリーと代々木のドッグランで待ち合わせしました。
先住犬のブラバちゃんと仲良く遊ぶVIDA,もうすっかり家族の一員でした。
休日には、自然の中で、パパさんと一緒に走ったり、川遊びをしたり、
もうVIDAにぴったりの幸せな毎日を送っています。

f0152315_21403857.jpg


ただし、泳げないことが判明!! 
パパさんにレスキューされた情けな~いVIDAで~す。
f0152315_21411428.jpg


正式譲渡の意思確認をするためでしたが、ビックリするようなことがありました。
ドッグランで遊んでいると、ある男性が近づいてきました。
男性  :この子ドゴですよね。
カバさん:似ていますが、違いますよ。
男性、じっと見て、VIDAにさわって・・・・:いいえ、やっぱりドゴですよ。

居合わせた一同、ビックリ。
その男性は、ドゴのブリーダーさんで、実際に飼っている方だったのです。
ドゴは、ドゴアルヘンティーノという人間が作った特殊な犬種です。
南米で、ピューマなどを狩る犬として作られたので、雄は50キロくらいあり
とても迫力のある犬です。
センターから救出した当初、ドゴではないかと詳しい方に問い合わせたのですが、あまりにも痩せていたので、わからなかったのです。
いまのVIDAは確かに立派なドゴですね。
f0152315_21414483.jpg


f0152315_2142964.jpg


でも、VIDAにとって本当に大事なことは、
いつも見守ってくださるご家族がついに見つかったこと
自分がなんであるかは、本人にはどうでも良いことですね。
末永く、愛すべきVIDAとして、ご家族と共に生きていってね。

Mファミリー様、どうか、VIDAを、最後の瞬間までよろしくお願い致します。

長い旅でしたが、DOGOにとって本当のお家を見つけるためには必要だったようです。
全ては不思議な偶然の結果で、それを必然というのでしょうか。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。


さて、次なる旅人は・・・・・ 


お顔を見て頂きたかったのですが、PCがうまく動いてくれません。

お楽しみに    名前は、あかりです。

沢山のハンディを抱えた子ですが、捨てられてもなお一生懸命生きています。
どうか応援をよろしくお願い致します。
[PR]
by hanagurihuu | 2009-08-31 22:37